ヨガ/ホットヨガ初心者向け情報|超ヨガ初心者だったヨガインストラクターのブログ

ヨガ初心者のためにヨガの始め方をやさしく教えるブログ。超ヨガ初心者だったヨガインストラクターのブログです。初心者のとき不安だったこと・簡単自宅ヨガ・ヨガマットやヨガブロック・ヨガインストラクターへの道・ヨガをしてみたいメンズ向けの情報などお役立ち情報もお伝えします♪

【短期だと1週間!?】ヨガインストラクターになるために必要な期間

ヨガインストラクターになるのに必要な期間


ヨガの先生になるにはどうしたらいいのかな?

ライセンスとか必要なのかな?

どれくらい日数があればいいんだろう?

ヨガに通っていたり、ヨガに興味がある方にとって、『ヨガの先生になること』を一度は考えるかもしれませんね

初心者からインストラクターになった話はコチラでも書きましたが、日本ではヨガの国家資格はないので、資格は必要なのかといわれれば必要ありません。

もともと、ダンスやフィットネスの講師経験があれば、教えるスキルがあるのですぐ先生になることも可能です。その場合、ヨガ講師の資格がなくても本やDVDで独学でもいいですね。

ですが、そのような経験・スキルがない方にとっては先生になるイメージすら難しいと思います。他のフィットネス系の講師経験がない方は資格を取ることで、ヨガについて学ぶことがヨガインストラクターになるための近道です。

そこで、今回は、あなたが希望する時間別に、ヨガインストラクターになるための必要な期間についてご紹介したいと思います。

この記事を読んでほしい人

  • ヨガインストラクターの資格を取るのに必要な期間が知りたい
  • ヨガインストラクターを週末の副業として行いたい
  • ヨガインストラクターとしてヨガ教室に就職したい

超短期!1週間~2週間で資格をとりたい

NPO法人日本YOGA連盟

7日間(1日6時間程度)のプログラムで養成講座に参加できます。ただし、期間と場所が限られているので、すぐ受講したい場合は難しいかもしれません。関東、関西、九州、東北地方で受講できます。

NPO法人日本YOGA連盟 取得費用:111,456円(税込)

無事修了すれば修了証書がもらえます。修了後、連盟認定インストラクター試験の受験し、試験に合格すると、連盟認定インストラクターに認定されます。認定インストラクターは、連盟の師派遣、地域貢献活動などの事業で活動することができます。

場所が遠い場合も、7日間で、主要都市なので、ホテル通いでもそこまで負担が少ないと思います。

JYIA日本ヨガインストラクター協会

プロ養成に特化した短期集中2週間コースがあります。オーディション情報もあり、サポートも安心です。JYIA 認定校は表参道・池袋・大阪(梅田)・福岡(天神)・名古屋・静岡・前橋・新潟・南砂町があります(2019年4月現在)。

3冠達成【顧客満足度・サポート体制・スタッフ対応No.1】

JYIA日本ヨガインストラクター協会 資料請求・体験予約

しっかり集中して資格を取りたい!1~3ヶ月くらい

もし、1~3ヶ月間、平日も集中して時間を取れるのであれば、全米ヨガアライアンスの資格を取得することをおすすめします。全米ヨガアライアンスは『RYT』ともよばれます。

費用はスクールによって異なり30~60万円くらいです。高いと思うかもしれませんが、RYTは国際的なヨガインストラクター資格です。この全米ヨガアライアンスは、アメリカで設立され、全世界共通の基準のカリキュラムを定めています。

日本の中ではもちろん、世界でもよく知られている資格になります。ですので、こちらの資格を取得していれば就職や独立のときには役立ちますよ。

短期の場合、1日に8時間とタイトなスケジュールの講座が多いです。大変だとは思いますが、実技の時間も多いので、楽しく学びのある時間になると思います。早く取得したいのであればピッタリですね。

短期間で全米ヨガアライアンスのカリキュラムを学べるヨガインストラクタースクールの例を紹介しますので、見比べてみてください。

  • 【全国】豊富な体の知識!ヨガインストラクター・整体師養成スクールとしても定評がある。まずは体験レッスン≫YMCヨガスタジオ体験レッスン

 

ゆっくり取得したい場合は次に説明します

今の仕事は続けたまま週末で資格!半年、1~2年かけて

こちらも国際的なライセンスである全米ヨガアライアンスの資格を取得することをおすすめします。先程も説明しましたが、費用は30~60万円。高いと思うかもしれませんが、スクールによってステップアップ方式など分割サポートがあるため安心です。

全米ヨガアライアンスのRYT200があれば、そこからRYT300、500とステップアップすることで就職はもちろん今後のインストラクター人生にとって学びが深くなりますよ。

今の仕事も続けたまま週末や平日の夜の時間を使って資格を取得することは可能です。他にも週に1~2回ほどのペースで学びたい方でしたら、3ヶ月~半年で取得できるでしょう。

ステップアップ式の講座を開校しているところも多いので、仕事が忙しくても1~2年くらいまで伸ばして資格の勉強をすることができます。

ヨガインストラクターの講座を受講している生徒は一般レッスンの割引や受講サービスがあるスクールも。ゆっくり資格取得をしながら、ヨガの実践も行うことができます。いつもヨガレッスンの受講費用がかかっているのであれば費用を抑えることもできます。

週末だけでも全米ヨガアライアンスのカリキュラムを学べるヨガインストラクタースクールの例を紹介しますので、見比べてみてください。

すぐ就職したいならヨガ講師未経験可の求人に応募もアリ

最近のヨガ人気からヨガスタジオは多くオープンされています。その上、高齢化の日本では、ヨガを受けたい人もたくさんいらっしゃいます。そのため、ヨガ講師の需要も高まっています。

全国展開する大手のヨガスタジオでは研修制度があり、例えば大手のヨガスタジオLAVAには求人ページがあります。

採用サイトページ | ホットヨガスタジオLAVA

日本最大級LAVA体験レッスン

他にも、ヨガスタジオが独自に講座を開設していることもあります。そこのヨガスタジオの就職サポートやオーディションを受けることで、ヨガインストラクターの近道にもなります。

まとめ:自分のペースでヨガのインストラクターになることができる

最短でも1週間~2年と自分のペースでヨガのインストラクターになることができます。大事なのは自分に合ったスクールや就職先です。スクールや講座を選択する前には、いろんな相談会や体験レッスンにいくことをおすすめします。

人によって学びたい方向性も違います。

  • 教えることが得意
  • 体の仕組みを知りたい
  • ヨガの哲学を深くまなびたい

得意なことや、自分がやりたいこと、方向性が一致するスクールをえらんでくださいね。いろいろな相談会や体験レッスンに参加して、自分がなにを深めたいのかを知ることが大切です。

その上で、あなたがヨガのインストラクターになるまでに”どれくらい時間がかけれそうか”を考慮してスクールを選べば後悔しないですよ。

ヨガには流派やいろんな種類がありますが全米ヨガアライアンスを取得した後で、様々な別のヨガの資格や勉強をすることで、さらにインストラクターとしての需要が増えると思います。

ですので、今回は、基本のヨガインストラクターになることについて書きました

最初は不安などもあると思います。まずは負担になりすぎないようなインストラクターへの道を考えて、無理なく行ってくださいね♪こちらの記事であなたがヨガインストラクターとして活躍できるはじめの一歩のお手伝いできれば幸いです!